スワンな日々
「スワンの家」にどっぷりと関わることになってしまった、私たちの日々のつぶやきをつづらせて頂きます。 どうぞお付き合いください。

ふりかえり

虫取り網にかかったあと、いったい夏はどこに隠されてしまったのでしょうか?
まったく音沙汰がありません
昨日、事務的な残務整理と残りの洗濯をするためスワンの家本体で仕事をしたのですが、
寒すぎて、ついにストーブを点けてしまいました

一応、締め切りのある事務仕事は終了できたこと、
一応、夏休みに入ったという小さな安堵感、
お布団をすっぽりかぶって眠れるということ、
読み止しの小説をやっと読み終えたこと・・・
そんなプチしあわせのせいか、
久しぶりに朝までグッズり眠れました

ダラダラしないで、どこかで区切りをつけるというのは大事なことですね

さて、ふれあいフェスタから1週間
休みに入る前に、たまちゃんが出演してくださった方や、お手伝いしてくださった方へ
お写真入りのお礼状を書いてくれました

私もメンバーさんからの感想もちょっとずつ集まってきていたので、
追加のフェスタ報告をさせていただきます



「ぼくはジュークボックスのことが不安でしたが、
みんなうまくできたと思います」

s-CIMG4965.jpg

ボーカルとして歌いながらもチームみんなのことを気遣う優さんです
特に、だんぼゃんが歌う365歩のマーチの時のだんぼちゃんへのまなざしは
妹を想う兄のように優しいです
競い合うのではなく、敬いあう気持ちがあるから、
JUKEは長続きしていると思います



「ヨーヨーつりの水の中でありが泳いでいたので、
ヨーヨーつりについてくれた男の人がありをおいだしてくれました

最初はおきゃくさんがこなかったとき
ひまで眠かったです
でも、おきゃくさんが来たら眠くなりませんでした
そして目がぱちとめざめました」
s-CIMG4872_201808120906163d5.jpg

アリス?
ありを追い出してくれた男の人って、この人かい?
今度、ちゃんとお名前教えてあげますね


「自分は司会をしました
口が早くてしっかり言えたと思いました。
ゆっくりはしゃべれましたけど、楽しかったです

また司会をやりたい」
s-CIMG4976.jpg

君のその自信はどこからくるんだろうね
でもね、他にも司会の座を狙っているひとがいるみたいだからね
精進してください


「天気が良くて、出演者のすばらしいパフォーマンスのビデオを
撮影することができました」
s-CIMG4888.jpg
s-CIMG5029.jpg
s-CIMG5050.jpg
s-CIMG5066.jpg
s-CIMG5081 - コピー

本当にどのステージも素敵でしたね

そして、毎年恒例の獅子舞は会場と一体となり、
みなさんの無病息災を祈ります
s-CIMG4938_20180812092751803.jpg
s-CIMG4943_20180812092754453.jpg
こんなに怖がっていた子どもたちも、
大人になって、懐かしい故郷の思い出となってもらえると
うれしいなと思います


「今度はスワンのみんなで歌いたい」
s-CIMG4891_201808120906169a4.jpg

そんなことを言うような方ではない方からの声でびっくりしました!
昔はみんなで歌ったりパフォーマンスしていましたものね
よし、来年は考えよう!

「焼けたやつを温めてあげれるようになりたいです
持ち帰りはあたためないで、すぐ食べるって人には温めてあげて、
温かいものを提供したいです

次は、炭でやいてみたいです
つくねとフランク以外も焼いてみたいです」
s-CIMG4857.jpg

頼りになるね
ほんとに

「スワンにくるのは長生きしたいから
販売で大きい声で「いらっしゃいませ」を言えて楽しかった」
s-s-CIMG4898.jpg
s-CIMG5096_201808120945448b6.jpg
s-CIMG4916.jpg
s-CIMG5006_201808120945217f1.jpg
s-CIMG4896.jpg
s-CIMG4986.jpg

子ども広場ひかりさんの出店
s-CIMG4949.jpg

s-IMG_6099.jpg
所長さん自らパフォーマンスしてくださったびっくり箱は
子どもたちの手作り
くじの売り子さん役の子どもたちも、とっても上手でしたよ



中標津町 くれぱすさんの出店と前向きダンサーズの元気いっぱいのダンス!
s-CIMG4894.jpg

ありがとうございました!!


来年は射的のお店をやりたい!と言ったメンバーさんもいました
それで、ひととき割りばし鉄砲の懐かしい手づくりおもちゃの話題にわいたりして・・・

どうなりますことやら


最後に理事長曰く
「スワンの家は、儲けようという考えでやらないで、
来た人を楽しませたい!、子どもたちに楽しんでもらえるものをやりたい!
そんな気持ちがもとになってお祭りをやっていることがすごく伝わってきた
そこがすごくいいな
そのことを改めて確認できた」

その感想に、私も同感です!
工賃アップに頭を悩ましてはいますが、

首から小さいお財布ポシェットを下げて、子どもさんが10円を出してゲームを楽しんでいる姿を
ずっとずっと見続けたいし、

メンバーさんがちょっとゆとりをもって
それぞれの持ち味で人と関わっている姿を
見続けたいと思います

お金のやりとりと
気持ちのやりもらいの両方で支えられて生きていることを
学びあえるスワンの家でありたいです

つまらない?!

明日から16日まで夏休みとなります
今日は、理事長よりボーナスを受け取りました
s-IMG_6210.jpg

それが帰りに待っていたせいでなのか、午後の作業への移動の
なんと速やかなこと!!
ロッカーの整理を申し渡されてた方々も、
猛スピードでやっつけていました

ご褒美はまだありました
今年度はじめに
積水ハイム様より北海道手をつなぐ育成会へ寄付でいただいたというお米、
スワンの家にも分配していただいていたんですよね
誕生会等でおいしいお米を炊いて食べてきたものの、
食べきれなかった分があったので、
みんなに少しずつ分けたお米です
s-IMG_6202.jpg

積水ハイムで家を建てることは・・・
まずないでしょう・・・
いや、そんなことを言っては失礼か

わたしは無理です・・・

でも、感謝の気持ちは持ちたい

そこでみんなに提案をしました

コマーシャルで積水ハイムの素敵な歌声が聴こえてきたら
いっしょに声をそろえて歌おうじゃありませんか・・・・と

みんな、寒ーくなっていました

いたしかたなし

さて、ボーナスはうれし、たのし、ありがたい

しかし、ため息をつく人もいた

「どうしたの?」

「明日から休みだから つまんない!仕事したい!」

「えー、そうなの?」

「コーンフレーククッキー作るの大好きだから」

「へーっ!?そんなに?!まーちゃんがずっと作ってくれたら
コーンフレークの大好きな子どもたちもよころぶよ」

「まーは90歳になるまで作るよ!!」

そんな会話をしたことをにゃんちゅーねえさんが教えてくれました

他にも
「明日からつまんない
だって、仕事がお休みなんだもん」
なんて言っている方もいたのですが・・・・

(大丈夫だよ、当番だって 入っているし)

こんなに仕事を愛している方々を
本当に誇らしく思います
もちろん、仕事以外の楽しみを持ってほしいと思うけれど
仕事が好きって、すごく、すごく素敵なことです

口下手なのに、仕事大好きな気持ちを思いっきり宣言したまーちゃんを
ハグしたいくらい愛おしくなってしまいした


さて、今日もいつもと変わらず太鼓クラブで思いっきり太鼓をたたいてから帰る面々
s-IMG_6211.jpg

からむのが難しかった
からもうという雑念が捨てられない私は、このクラブには入れないな
残念!

さて、明日からふれあいの家もお休みになります
どうぞご了承ください

17日金曜日営業開始です
よろしくい願いいたします!!

清掃へは毎日当番で参ります!!

では、では
休み中もとりためた写真などアップできれば・・・と思っていますが
どうなりますことやら

雨が多いお休みらしいです
みなさん、お気をつけて

通じ合うもの

昨日くらいから、
虫取り網に夏がすっぽり捕らえられ、
どこかに連れていかれました

あまりにも急なことで、
どこを探しても夏がいなくなってしまったので、
心まで凍えそうになっていましたが、

カフェにはこんなかわいい三きょうだいが
ばあやの家へ里帰りして
別海アイスを食べてくれていました
s-IMG_6146.jpg
日本一、おいしいアイスだそうです!

そして、去年に引き続き札幌医大の学生さんが、実習にやってきました
s-IMG_6141.jpg

交流が笑顔を生み、ちょっとあったかくなりました
s-IMG_6185.jpg

そして、午後3時からは、
オルガネッタ(手回しオルガン)を軽四に乗せて
全国を回って宮澤賢治の語りと手回しオルガンの演奏をして歩いているという
三浦恒夫氏の小さなライブをきこりホールで開きました

ほんの数日前の矢臼別平和盆踊りで知り合ったご縁で、
段取りもなにもないまま、これまたご縁のある方々にメールでお誘いし、スワンの家の利用者とスタッフの
即席のライブでしたが、
とても素敵な40分でした

s-IMG_6166.jpg

手回しの風の音は、宮澤賢治の種山が原の風景を思い出させてくれました

ご出身が岩手県の三浦氏は、
お母さまから伝えられたというお国訛りの宮澤賢治さんの世界を
さらに独特の雰囲気で楽しく語ってくださり、

はじめて生で聴く手回しオルガンのなんともいえない懐かしいような優しい音色と、
その場の空気の中に溶け込むようなリズム
s-IMG_6159.jpg

太鼓をこよなく愛するりぼんちゃんの心にすぐに届いたみたいで、
すぐに素直な反応をしていました

三浦氏が、語り終わるたびに、演奏し終わるたびに
声をあげて高らかに笑うのでした

よころびが笑い声となって、三浦氏の語りの一部となったみたいでした

また、
普段は知らないふりを決め込んでいる仏頂面の若者も、
興味深い顔つきで、そのオルガンのふしぎな仕組みに
興味津々でいることを、隠すこともなく素直なまんまで明け透けでした
見られているとも知らずに・・・・

そうして、やってみたい人!と言われると100パーセント前に出る方がまずは手回しの体験を
s-IMG_6174.jpg

音色に聴き入りながら回す姿はとてもさまになっていました
そこへ、ひたひたと近づく女性もまた、
やってみたい人!に必ずや答える人

その方も、たっぷりと自分の世界を醸し出しつつ美しい音色を奏で・・・

s-IMG_6163.jpg


そうしてもう時間になって
まだまだ聴きたいのに最後の1曲となり・・・と、その時、

「ミュージック、スタート!」と声を発し、ついに自分の出番を作った人は意外にも
トム君でした

今、仕事が終わりました!という白衣のいでたちで恐る恐るオルガンの前へ導かれ、
三浦氏の「スタート!」の合図に従っただけの動きだったはずなのに・・・
s-IMG_6182.jpg

なんてことでしょう!
こんな素敵な音が聴こえてきてしまった・・・という驚き!
その自分の手で回した先から生まれてきた音のふしぎに
すっかりびっくりしたように、「これ、なあに?」「これ、僕が奏でた音?」「どこから聴こえるの?」・・・・
そんなたくさんのふしぎと感動が一気に押し寄せてきたみたいな顔をして・・・

s-IMG_6184_2018080821104948f.jpg
この写真の3秒くらい前の表情が一番、そのふしぎと感動に満ちた表情だったのだけど
シャッターを押すのも忘れてしまうほど、
私も感動してしまいました

あとはもう、思いのままに、感じたままに
フーワ、ウーワ、フーワ、ウーワ・・・と、
思わず即興のリズムと言葉が
メロディーにのせて踊りはじめ・・・
s-IMG_6185_20180808211052f47.jpg
三浦氏も声を合わせてくださり、
即興デュオで星めぐりをはじめたのでした

トム君の感動に、みんなが感動をしているような・・・そんな雰囲気がひろがり、
s-IMG_6186.jpg
会場が笑顔で包まれました

あっという間でした
もっと聴いていたかったね

はじめて出会ったオルガネッタという楽器の音色と、
スワンの家のみんなの心が通じ合ってしまったことに
ちょっとジェラシーを覚えてしまいました

本当に素敵な音楽との出会いとなりました


s-IMG_6152.jpg

三浦恒夫さん、ありがとうございました

またオルガンを軽四に乗せて、旅に出るのでしょうね
お気をつけて

今度はいつお会いできるのでしょうか

お待ちしております

ありがとうございました!

すでにふれあいフェスタから2日経過してしまいました
フェスタ成功のご報告と、
ご協力いただいたたくさんの皆様にこの場からのお礼が遅くなり、申し訳ありません

そして、ご来場いただいたたくさんの地域のみなさん、
本当にありがとうございました!!

s-IMG_6102.jpg

写真でのご報告はまたおいおいさせていただきます
ありがとうございました!

教える人になる

昨日の暑さは思い出すだけでも気が遠くなりそうでしたが、
本州の人たちは、毎日こうだし、それも半日やそこらじゃなくて、丸1日だと思うと
本当に申し訳ないような気になります

6月末から7月にかけての低温の日々に、
「もうここには夏がこないんじゃないか」と思っていたのが嘘のようです

今日はだいぶ過ごしやすくなったものの、みんなも慣れない暑さで疲れているし、
気温も25度を超えているわけだから、
用心には用心を重ねて

30分おきの休憩をとることを義務化したり、持っていく水筒を増やしたりしました

それでなんとかやりすごせました

病院の正面玄関前の草取りをする低めの姿勢から道路を見ながら、
「こんな高さから見たことがなかったけど、こうしてみると、低い位置に病院があるんだね」ということを発見
s-IMG_6078.jpg

角度や立ち位置をかえると、違った風景が見えてくるものです
「この辺は昔、川のような沼のようなところだったから」と、50年前を知っている人は
今日の環境整備チームには残念ながら誰もいませんでした
ちなみにブラタモリを見ている人も、誰もいませんでした

先生になって3年目の研修で、スワンの家に来ていた小学校の先生が
きょうもみんなと一緒に環境整備に来てくれたのだけど、
最後の振り返りの時に、

「自分が普段、教室で子どもたちに教えているときに、
病院のまわりの草取りをしたり、きれいにしたり、
こんなふうに街を支えてくれている人がいることに気づかなかった」と、
感想を伝えてくれました

目の前の大変さに悲鳴を上げそうになることも、めげそうになることもある中で、
「街を支えている」と見てもらえたこと、
とても大きな励みになりますね

そんな風に自分たちのやっていることを思うゆとりもなく、
ただただまじめに懸命にやっていましたから
明日は、若い小学校の先生からもらった言葉を
みんなにも伝えなくちゃと思いました


研修に入った先生のために、
作業を教えてあげることを喜んでかって出る人や、
先生のお昼を食べる席を確認する人・・・は、
普段からよく気付く人たち、
自分から出番をつくろうとする人たちのことは、想定内で
「やっぱりそうでしょう」という感じです

でも、
メンバーと職員専用の出入り口を教えたり、
自分と同じことをするように「やって」と声をかけたり・・・ということをしてくれた人が誰か?という話を聴いた時には
正直、驚いたのでした
普段は「問う」ことはあっても「教える」ことをほとんどしない人たちでした

そんなふうに自分で相手の知りたいと思っていることを察して、
あるいは、自分がそうしてほしくて「教える」という行為をしただろうと
彼らの中にあって、まだわたしたちには見えていない主体性を知り、
心が高鳴りました

s-IMG_6085.jpg


外部の方が入るということは、
こういうミラクルがあるからいいんですよね
お互いに学びあうことがたくさんあります

では、では
いよいよ明後日に迫りました!
ふれあいフェスタ
IMG_5858.jpg
お天気は良さそうです
お友だち、たくさん誘ってきてくださいね